テーピングについてトレーナーが解説します – 第二わしざわ整形外科 ニュース

クリニックブログ

テーピングについてトレーナーが解説します

2022年01月31日

こんにちは。

板橋区 整形外科 第二わしざわ整形外科の小林です。

今回は「テーピング」についてお話します。

テーピングは、スポーツ選手が使っているイメージですが、高齢者や

子育て中のお母さんなどにも活用されている大変便利なモノです。

【テーピングの効果】

■リハビリの補助

 怪我の後は、特定の方向に動かすことで痛みや不安感が出ます。テーピングで

 動きを制限しながら、安全にリハビリを進めます。

■怪我の再発予防

 一度怪我をすると再発しやすくなる場合があります。

 テーピングで患部にかかる負担を減らし、再発を防ぎます。

■応急処置

 怪我の直後に速やかにテーピングを巻いて、患部を固定・圧迫し、

 悪化を防いだり、痛みを和らげたりします。

 ※損傷部位の特定が大切です。テーピングが有効かどうかの最終的な判断は、

  医師の診断を受けてください。

■怪我の予防

 競技やポジションで怪我をしやすい部位があります。

 予測される部位をあらかじめテーピングで補強することで怪我を予防します。

【テーピングを巻く時の注意点】

■正確な判断

■最適な巻き方

テーピングは、上手に活用することでスポーツ活動だけでなく、社会活動や余暇の

可能性を広げてくれます。

ただ、テーピングは万能薬ではないので、テーピングを過信せず、

専門家と相談の上で使用することをお勧めします。

板橋区 整形外科 第二わしざわ整形外科では、医師の診断のもと、

テーピング指導も行っています。

お気軽にご相談ください。

お知らせ