ストレッチは筋肉をのばすだけじゃない!? – 第二わしざわ整形外科 ブログ

クリニックブログ

ストレッチは筋肉をのばすだけじゃない!?

2021年10月26日

こんにちは!

板橋区 第二わしざわ整形外科 理学療法士の山中です。

8月に引き続き、今回もストレッチについて。

ストレッチには様々な目的・効果があります。

上手に行うといろいろな症状の改善に役立ちます。

以下、代表的な目的・効果についてご紹介します。

①関節可動域の改善

 ストレッチを行うことで関節の動く範囲を拡げ、スポーツを行う上でのパフォーマンス向  上や、日常生活の動きを楽に行えるようになります。

②筋肉の緊張を軽減させる

 筋肉を伸ばしてやわらかくすること。

 過度に硬くなりすぎて痛みが出てしまっている場合や、スポーツ後に行うことで疲労からの回復を早める効果もあります。

③血液循環の改善

 ストレッチを行うことで血液の循環を良くします。

 体液の流れが滞っているときに筋肉を動かすことで、筋肉がポンプの役割を果たし、新鮮な血液を身体に巡らせるとともに、老廃物の排出も行ってくれます。

④疼痛の緩和

 関節可動域の低下、筋肉の過度な緊張が原因となる疼痛は、ストレッチを行うことで緩和する可能性があります。

⑤障害予防

 運動の前後で適切なストレッチを行うことで、体温を上げて関節可動域を拡げたり、緊張状態が続いている筋肉をゆっくりと弛緩させることで、怪我による障害が起こることを予防できます。

以上、大きく分けると5つの目的・効果があると言われています。

次回はストレッチの種類についてお話します。

当院では、理学療法士による予約制の治療を行っております。

治療の中では患者様一人一人に合わせた施術や、自宅で行える運動・ストレッチなどの提案もしています。

お気軽にご相談ください。

  

お知らせ , ストレッチ